読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネスグッズで働き方に変革を!

「できるビジネスマンは、できるアイテムを持っている!?」仕事効率化グッズで目指せビジネス改革。

もう剃刀負けの悩みから抜け出せる!フィリップスシェーバー 「9000シリーズ」(回転刃)S9185/26

皆さんは、剃刀負けに悩んでいませんでしょうか?
日本人の多くは、肌が弱いうえにひげが濃い!という。。
ビジネスマンとしては清潔感が重要。
剃刀負けの肌では、みっともないのではないでしょうか。
そこで紹介したのがフィリップスシェーバー 「9000シリーズ」(回転刃)S9185/26
特長はとにかく肌に優しい。

f:id:breakthemold:20170111230137p:plain

■剃刀負けの原因

そもそも剃刀負けはなぜ起きるのか。
それは間違ったヒゲ剃りにより、小さな傷に菌が侵入し、炎症を起こすことです。
対策としては、①錆びた刃を遣わないこと②肌に圧力をかけないように剃ること
があげられる。
3枚刃よりも5枚刃のが肌荒れしないのは、肌に対し圧力をかけないからである。②
 f:id:breakthemold:20170111224340p:plain

■電気シェーバーの利点
カミソリの場合、刃を直接肌にあてるので、
どうしても肌に負担をかけやすい。
その点、電気シェーバーは立ち上がった毛を刈るので、
刃が肌に触れないため負担を軽減することができる。

 f:id:breakthemold:20170111224756p:plain

■電気シェーバーの種類
・回転式シェーバー
 肌に優しい。

  f:id:breakthemold:20170111224932p:plain

・往復式シェーバー
 深剃りや早剃りが得意。

  f:id:breakthemold:20170111225039p:plain


・ロータリー式シェーバー
 深剃りが得意。(個人的には最も肌に負担が大きいと感じる)
  

f:id:breakthemold:20170111225418p:plain


■フィリップスのシェーバー
往復式やロータリー式はカミソリ同様、肌に対し上下に動かし
ながらあてるため、使いなれた動作で髭を剃れるが、
回転式のシェーバーで、剃り方も回しながら肌にあてるので
はじめはなかなか慣れるまで時間がかかる。
だが、回しながら剃る方法が肌に負担をかけない秘密である。
なんと肌にかかる圧力は往復式などに比べ5分の1。
 

f:id:breakthemold:20170111225943p:plain


また、同価格帯のシェーバーの中では、
モーターの回転数が大きく、より肌にやさしい。
 
常日頃からカミソリ負けに悩んでいる方はぜひお試しください。

フィリップス メンズシェーバー 9000シリーズ S9181/26